歯が砕ける夢

歯の砕ける夢を見た。

長い夢の中での経緯は忘れてしまったが、上の歯があちこち砕けて行く夢を見た。
確か、自分で軽く歯を噛み締めていたら、まず左の上奥歯3本ほどが軽妙な触感で砕けた。
血は一切出ないし、痛みもない。
「あ、歯が砕けてしまった」
という、ちょっとダウナーなショックと「まいったな」というパニックがある。
それでも、また試しに…といわんばかりに歯を噛み締めて見ると、右側の上奥歯も3本くらい砕ける。

あ、やっぱ砕けるんだ…と、確認作業をしてしまった感じ。後悔の念を抱く。
なのに、これは私のマゾヒスティックな、もしくはサディスティックな悪癖なのだけれど、自分の肉体に異常が見つかるとその傷を広げてみたくなるので、やはりまた噛み締める。
(ちなみにこの悪癖は夢の中のセオリーとして私に設定されていたのではなく、本当にそうなのだ)
上の右前歯あたりが、ギシミシと唸って折れかける。
「あ、子供の頃もこんなことあったなあ」
と生え変わりの時期にグラついた歯をムリヤリ自分で半ば折って抜いたりして遊んだ記憶がある。
前歯が抜けるのは困る、という、対外的なリスクを念頭に、鏡を見てみる。
前歯が、インプラント治療か何かを施したのか、ヘンに白っぽく、何か修繕されたもののように見えた。それが折れようとしている。
どうしようかな?
と思いながらも、どこか歯の砕けるかどうかを試したい自分がいて、楽しんでいるので、やっぱりまた歯を噛み締めてしまい、上の右前歯も折れる。
「あらまあ。仕事行くとき困るなあ、火曜の夜に面接があるのに…これ、人前で話すときどうしよう。笑うのは絶対無理だね」
面接は実際にあるのだが、夢の中でも仕事関連の不自由を気にする。
本気で困ったなあ、どうしようと思っている。
手のひらに、口の中に砕けた歯がたくさんたまってしまっているので吐き出すと、通常の歯はエナメル質・象牙質により不透明の淡黄白色というか、いわば象牙の色のはずなんだけれど、これが違う。
貝細工のようなパールがかった色で、夢の中でも「なんか水族館とかで売ってるお土産の貝細工みたい、パールがかってるんだなあ。ヘンなの。そんなもんだったっけ?」などと考える。
また鏡を見ると、上の歯列だけが最早無残にあちこち砕け落ちていて、左前歯から2~3本しか残っていない。
下歯列は一切砕けていないのに上ばかりがなくなった。

「歯医者に見せないと。仕事があるんだし、面接があるのだからなんとかしてほしい」
と、歯医者に対して憤慨する。
実は、実際の私は、先週から歯のホワイトニングを受けたいので土日予約を取ろうとしたのだが、予約が埋まっていたため今週末に延期したところだった。
金曜の朝に歯医者から予約可能な時間の候補がメールされてきたので、「土曜はどこの時間でも構いませんので」と返事したところ、なぜか「ちゃんと時間をとって診察したいため15日に来てくれますか」と、また来週末に延期される事になって帰ってきた。
ソレに対して、ちょっと不満に思っていたのである。
歯医者に対して、夢の中でも不満をぶつけたくなったのはこのせいか?

また、この一週間は、直属の上司と仕事上で意見の対立というか、そこまで上等でもない「上司の無理解に対する不満と、現場の主張をまともに聞き入れないことへの怒り」でこの上なくストレスの強い状況にあった。
そのため、私は転職活動を実際にはじめ、ボーナスを貰ったらすぐにでも内定を貰うために動こうとしていたところである。
面接があるのに…というのは、本当に、そのための予定なのだ。

夢占いとか、そういうものが「当たる」の「当たらない」のというのはバカらしいとは思うのだけれど、現状の自分を暗に象徴するために夢を見たのだとしたら、自己分析はしておかないとソンをするかもしれないなあなんて考えてしまう。

今の職場を棄てて別の職場に移り、新たな仕事をして職歴をもう少し充実させたい、将来的に今の職場の仕事は絶対に職歴上の武器にはならない…という意味ではメリットがあるのだが、職を変えたら1,2年は手取りが減るだろうというデメリットもある。
部下を棄てることにもなるし、まあ、どんなタイミングであれ退職はある程度周囲に迷惑をかける。
正規の手順を取ったとしても、私の負っていた業務内容というのは、簡単に誰かが穴埋めできるものでもない。
でも、私独りが居なくなったところで、いずれ穴は修復され、私の存在関係なく、会社はまわってゆくのだというのも事実で、そこは心情とのバランスの問題に落とし込まれるだけなのかもしれない。

その考えでこの1週間、ずっと悩んで、互いに古株仲間の同僚に相談していたりもした。
上司の批判や陰口も叩いた。
部下に退職の意向をある程度伝えてしまったし、やはりいずれは別の仕事に就かないと、自分の将来的な社会価値が上がらないのだ。

それでも今自分が「叩くなら叩け」と、誰もやらないことを提案して動かしているので、それを放棄するのはできないし…などと考えると辞め辛い。
上司に対する不信と呆れからのストレスで始まり、ジレンマでこの一週間が着地している。

そのせいで見た夢なのだとしたら、今の自分が本当はどう考えて何を感じているのか、砕けた歯が何か象徴しているのか、気になる。
ぐぐってみると「血がでて痛いし血の味もリアルですごくイヤ」という意見がかなり多いようなのだけれど、私の場合は一切の血も痛みも無く、とにかく歯が砕けていくことに対する焦りと「落ち着け」と思う自分、対策をしようとするがついやぶへびをしたくなり、また歯を半ば故意に砕いてしまい後悔する…という自分を感じるのみだ。

今日は面接のために新しいスーツが欲しくて、買い物に出ようかと思っていたのだけれど、なんだか疲れて眠い。
どうしようかなあ。
でもまあ、面接には行くだけ行くし、スーツは買っておこう。仕立てる時間がないから、適当に合うのが見つかれば。


May@admin の紹介

ウェブ漫画「Devil's Maidens」作者。 好きなウェブ漫画:栄冠は君に輝かない、The Bottom、モードラ。
カテゴリー: 夢の記録   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>