メキシカン忍者さんの占い結果

◆占いたいこと
『創作の方向性。今後どのようなものをやっていけばプラスにつながる可能性があるか』

◆わたくしの今回の視点
まず、スリー・カード・スプレッドにより本人の創作に関する状況を確認。
次に、ワンオラクルから今後の創作テーマのヒントを得る。

◆占い結果
1:メキ忍さんの状態
<スリー・カード・スプレッド>
130716_232634
【過去】…「力」の逆位置
創作をしよう、漫画を描こうと思い立った頃から、情熱と裏腹に「何を描こうか」「自分にはどんな表現や題材が向いているのだろう」と、何となく掴み所のないままとにかくペンを走らせてきたように思います。
創作意欲は確かに感じるのに、なかなか「これだ」という達成感がハッキリ感じられず、紆余曲折に戸惑ってきた印象があります。

【現在】…「太陽」の逆位置
産みの苦しみというか、今もなかなか「おれにはコレだ」と確信を持って描くべき題材に出会えていない思いのまま、成功・達成を理想に思い描きつつ、葛藤を続けています。
たまに、立ち止まりたくなる無気力な瞬間を感じ、不安になったりもしています。
ただ、日の光は確実にあるので、創作意欲が消失したり描くことをやめるという思いはありません。
何か、確実な光を一筋見出す瞬間に焦がれつつ、身悶えしているように見えます。

【未来】…「正義」の逆位置
理想と現実のギャップに、まだもう少し悩みそうです。
バランスを欠いた、若干優柔不断な心を感じます。もしかしたら、ほんとうは今まで描いてきた自分の作風を思い切り壊したいという想いがあるけれども、では何を描きたいのかという問いに、過去からずっと縛られているかもしれません。
ただし、カードそのものからはそこまで悲観的な印象がありません。少し停滞期が続き、想像力が八方美人になりますが、いっそそのイマジネーションに身を任せて描いてもよいかもしれません。

2:メキ忍さんがどんな物を描くべきか
<ワン・オラクルによるインスピレーションリーディング>
130716_233752
隠者の逆位置。

俗世を離れて叡智を探求する隠者が、己の道を照らす小さなカンテラだけをもって、決然と前方に視線を投げています。

メキ忍さんの内に潜む、ある種露悪的な部分や批判的な心、しかし粗野で下品というのではなく、表現の形を取った「自分なりの道理」「自分なりの知性」を描くべきではないでしょうか。
そして、その事に自分から求めている部分もあるのでは。

カンテラの光は小さく、広範囲を鮮烈には照らせません。しかし、自分の思うとおりの方向を照らせます。
この隠者からは、「今よりも支持が得られない可能性があるかも」「でも、俺が描きたいのは、多くに支持されるがために考え出すものではないはずだ」という、前向きな葛藤を感じます。

隠者は俗世を棄てた者です。
大衆受けや、翻ってニッチな界隈の支持を得んがために描こうというこころを、どこか批判的な目で見ているようです。
このカードの印象は、決して孤独や自棄ではありません。むしろ、自分の作風にポリシーを持ちたい、それを納得のいく表現で描きたいという意欲を感じました。
それは作者であるメキ忍さん本人を掘り下げる作業につながります。
非常に孤独な作業です。
今まで作品にいろいろコメントをくれた人が、遠巻きに眺めるような態度を取るかもしれません。
逆位置の隠者は、その孤独や不安、焦燥感にここで折れるかどうかを試すようです。

古典的なストーリーテリングで構わないので、何か自分の内面を道理立てて憑依させるキャラクターを1人作り出し、精神世界を掘り下げるような題材を描いてみてはどうでしょうか。

追記:
今回は全てのカードが逆位置で出ましたが、ネガティブというよりは迷いのイメージが強かったので、吉凶の凶という捉え方はしないほうがよいと思います。
そもそも私はカードの逆位置をおしなべて「悪」「凶」と判断しないで、正位置でも逆位置でもカードから一見して受けた印象・インスピレーションで殆ど読んでいます。

今回は漠然とした不安や焦燥を感じましたが、あまり個別具体的な情報が無かったので、抽象的な表現が多くなってしまいました。
もし気になることがまた出てきたら、其の時またお声かけ下さいまし…
※勉強中なので、カスリもしてねーぞコラ!って感じだったとしても勘弁してね;;


May@admin の紹介

ウェブ漫画「Devil's Maidens」作者。 好きなウェブ漫画:栄冠は君に輝かない、The Bottom、モードラ。
カテゴリー: Mayのタロット占い   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>